Blog&column
ブログ・コラム

パンの消費期限はどれくらい?

query_builder 2022/05/15
コラム
19
パンをたくさん買いすぎて、うっかり消費期限が過ぎてしまうということはよくありますよね。
では、パンの消費期限はどれくらいなのでしょうか。
また、消費期限が切れたパンは食べても大丈夫なのでしょうか。

▼パンの消費期限
パンの消費期限は、パンの種類や購入場所により異なります。

■食パン
食パンの消費期限は2~3日ほどとなっております。
スーパーなどで売られているパンは、もう少し長いかもしれません。
消費期限は基本的に開封していない状態での期限ですので、開封後はなるべく早く食べ切りましょう。

■パン屋のパン
パン屋のパンは、基本的にその日のうちに食べる事をおすすめします。
また、惣菜パンなどの消費期限は、当日もしくは次の日までということがほとんどです。

■コンビニのパン
コンビニなどで販売されているパンは、衛生管理を徹底した工場で作って袋詰めされています。
そのため、開封前の状態では雑菌が繁殖しにくく、常温で販売されているパンは消費期限が長めに設定されているのです。
しかし冷蔵で販売されているパンは、パン屋さん同様当日もしくは次の日までが消費期限というものがほとんどですよ。

▼消費期限が切れたパンは食べられるのか
食品の期限は賞味期限・消費期限で設定されていますが、消費期限は安全性が保証される期限となっています。
そのため、消費期限が切れたパンを食べるのはおすすめしません。
惣菜パンなど中に具材が入っているパンの場合、具材の状態が悪くなっていることがあるのでやめておきましょう。

▼まとめ
消費期限は、パンの種類やパンの購入場所などにより異なります。
しっかり確認し、消費期限内に食べ切るようにしましょう。
【ONE BAKERY】では、品質の高いパンをリーズナブルな価格で提供しております。
商品のご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 桜川市でおすすめのパンをご提供しております

    query_builder 2022/03/17
  • 一次発酵と二次発酵の目的について

    query_builder 2022/12/01
  • ベーコンエピの美味しい食べ方

    query_builder 2022/11/01
  • おいしいベーグルの温め方

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE