Blog&column
ブログ・コラム

パンの適切な保存方法とは

query_builder 2022/06/01
コラム
21
主食としてパンを食べている方は多いでしょう。
しかし、パンは消費期限が短いというデメリットがあるため、保存方法で悩んでしまった方も多いのではないでしょうか?
そこで当記事では、パンの適切な保存方法について紹介します。

▼パンの適切な保存方法
ぱんの最適な保存方法は、状況によって異なります。
「すぐ食べる場合」と「食べきれない場合」の2パターンに分けて紹介していきます。

■すぐに食べるなら常温保存
パンをすぐに食べるのであれば、常温保存がオススメです。
消費期限が短いと言って数日は持ちますので、直射日光を避けて涼しい場所で保存しておきましょう。
ただし、パンは時間が経過するごとに味が劣化するため、早めに食べるようにしてください。

■食べきれないなら冷凍保存
数日以内に食べきれない場合は、冷凍保存がオススメです。
パンをふっくらさせる「デンプン」と「水分」を失いにくく、味も劣化しにくいです。
パンを冷凍保存させるときは、できるだけ小さくスライスし、短時間で冷凍できるようにしましょう。
食べるときの解凍時間を短縮できます。

▼パンを保存するときの注意点
パンを保存するとき、冷蔵保存しないようにしましょう。
冷蔵庫内の温度はデンプンと水分を失いやすく、味が大きく劣化してしまいます。

▼まとめ
パンを保存は基本的に「常温保存」か「冷凍保存」の2択です。
すぐ食べる場合や食べきれない場合など、状況によって保存方法を使い分けましょう。
弊社は茨城県桜川市でパン屋を営んでおります。
ふっくら美味しいパンを提供していますので、いつでもご来店ください。

NEW

  • 桜川市でおすすめのパンをご提供しております

    query_builder 2022/03/17
  • パンの捏ね方とは

    query_builder 2022/07/01
  • パンの歴史とは?発祥地はどこ?

    query_builder 2022/06/22
  • パンを冷凍保存する方法とは?メリットも解説

    query_builder 2022/06/15
  • パンが膨らむ理由・原理とは?

    query_builder 2022/06/08

CATEGORY

ARCHIVE