Blog&column
ブログ・コラム

パン屋の仕込み時間について

query_builder 2022/08/08
コラム
30
「パン屋さんの朝は早い」と思う方が多いですが、何時頃から仕込みが始まるのかご存じでしょうか。
普段何気なく口にしているパンは、職人さんが朝早く仕込んでいることで食べることができています。
今回は、パン屋の仕込み時間について紹介していきますね。

▼パン屋の仕込み時間
パン屋の開店時間にもよりますが、多くの場合は10~11時が一般的です。
開店時間の3~5時間前には、店に着いて仕込みを始めます。
近年は多くのパン屋さんがある中、焼き立てパンは最も需要があります。
開店時間に合わせて焼き立てパンを用意するため、早すぎても良くないのです。

■仕込みで行うこと
基本的には前日から仕込んでいた生地を確認して、分けた後に焼き作業に入ります。
お店によっては出勤してパンを捏ねる場合もありますが、店によって異なるでしょう。
焼き作業も時間がかかるので、開店時間に合わせて焼いていきます。
他にもパンの種類が多ければ多いほど作業が増えるので、パン屋の朝は大忙しなのです。

▼まとめ
パン屋の仕込み時間は、開店時間の3~5時間前のお店が多いです。
仕込みは前日に仕込んでいたパン生地を確認して焼き作業をしますが、他にも多くの作業があります。
美味しいパンの裏には、パン屋さんの思いがたくさん詰まってるんですね。
当店では、茨城県桜川市で地元の方に愛されているパン屋を営んでおります。
焼き立てパンをご用意しておりますので、お気軽にお越しください。

NEW

  • 桜川市でおすすめのパンをご提供しております

    query_builder 2022/03/17
  • ブーランジェリーとベーカリーの違いとは

    query_builder 2022/10/01
  • パン作りに必要な道具について

    query_builder 2022/09/15
  • パン屋が朝早い理由とは

    query_builder 2022/09/01
  • おいしいパン屋の見つけ方とは

    query_builder 2022/08/22

CATEGORY

ARCHIVE